社長挨拶・先輩社員の声message

代表あいさつ
代表あいさつ大光ビルサービス株式会社
代表取締役 小川裕正

大きく光る会社に弊社は、1967年の設立以来、主に都内を中心とした東京圏においてビルの総合管理業務を営んでいます。
今日に至る半世紀、実に様々なことがありましたが、バブル崩壊後、日本経済が長期停滞する中で我々の業界にも効率化の波が押し寄せ、二極化が一気に進みました。
そうした中で弊社が選択したのは、「人財を土台とした独自の品質」をご提供していくという道です。
ビルにはそれぞれ個性があります。ビルによって最適な管理の答えは変わりますが、それが実現できるかどうかでビル自体の資産価値は大きく左右されます。
この最適化を実現する一番大切な要素こそ人の力です。
積み重ねた経験や技術、それに基づくノウハウ、更にそこに心のこもったサービスや人の感性が組み合わされて、はじめて安全と安心、快適さや清潔さ、美しさといったかたちをお客様にご提供することができます。
これは弊社が常に大切にしてきたポリシーであり、また50年の歴史を通じて得た確信でもあります。
もちろん新しい技術の導入や労務の効率化なども重要であり、今後も積極的に取り組んでまいりますが、ビルの管理とは単なる作業の提供ではなく、ビルの価値そのものを高めるいわばブランディングの一旦を担う仕事であると弊社は考えます。
弊社の社名である大光には、「小さくとも、大きく光る会社でありたい」という創業者の想いが込められています。
変化が激しく、短期的な成果が求められる世の中ではありますが、これからも自由な発想と創意工夫の精神を持って独自の道を邁進し、末長くお客様のビルと共に大きく光る存在価値を発揮できる会社を目指してまいります。
どうかこれからも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


先輩社員の声

  • 資格をとってプロになる。経営幹部への道もある。
    voice.01資格をとってプロになる。経営幹部への道もある。

    うちの会社では、毎年インスペクションのコンテストがあります。今年は、僕の現場が最優秀賞を受賞することができました。みんなの前で表彰を受けて、励みになりましたし、メンバーもすごく喜んでくれました。
    うちの会社のいいところは、ビル清掃業の地位を上げようと、社長自らがチャレンジしていること。人材を育てていこうという意識も高く、資格取得も積極的に応援してくれます。
    僕もフリーターから入社して、4年目でビルクリーニング技能士の資格を取り、6年目からは責任者を任されています。プロフェッショナルであることに満足せずに、もっと上を目指していきたいですね。

  • 生活が安定した。やっと将来も見えてきた。
    voice.02生活が安定した。やっと将来も見えてきた。

    以前は、飲食業でアルバイトをしていました。25歳のときに親が病気になって、このままじゃヤバいと思って職を探して、出会ったのがうちの会社です。
    正社員になって、安定感と安心感がハンパないですね。ほんと、社保が完備しているだけでこんなに心が落ち着くとは(笑)。やっと将来のことも考えられるようになりました。
    清掃の仕事も、思っていたよりずっとやりがいがありますし、奥も深い。「大丈夫か。無理するなよ」なんて社長自ら声をかけてくれる社風も気に入っています。いまは資格を取って、ずっと働いていきたいと思っています。

採用へのご応募は
こちらから